CDR131

CDR131ジャケット画像
CDR131レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。 CDR制作ポリシー もご一読ください。
ご注文は 当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR131
原盤LPのプレス地域・レーベル
フランス VSM
原盤LPのレコード番号
COLH 96
作品名
Vnリサイタル
演奏者
ジャック・ティボー(vn) タッソ・ジャノプロ(pf)他
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
灰ニッパーGG,棒付ボード,LP初出,フラット盤存在せず
曲目
  1. ヴィターリ:シャコンヌ
  2. ヴィヴァルディ:調和の霊感Op.3-11 から アダージョ
  3. エックルズ:Vnソナタ 1楽章
  4. パラディス:シチリアーナ
  5. サン・サーンス:ノアの洪水Op.45 から 前奏曲
  6. サン・サーンス:ハバネラOp.83
  7. グラナドス:スペイン舞曲集Op.37 から
    1. アンダルーサ
    2. ロンデーリャ・アラゴネーサ
    3. ティボー自身による創作舞曲
  8. ファリャ:はかない人生 から スペイン舞曲1番

魅惑のボウイング、ジャック・ティボー

ジャック・ティボー(1880-1953)フランス、ボルドー生まれ。とりわけ日本人に愛され、今も人気を保つ希な芸術家である。最初のレコード録音は1905年パリ。同年にはピアノのコルトー、チェロのカザルスと演奏し、このカザルス・トリオは以後30年あまり活動を続けることとなる。ティボーの録音は1916年頃から活発になり、ライヴ録音などを含めれば亡くなる年まで残されている。全盛期は1920年代後半から1930年代中期と言われる。中でも小品はティボーを語る上で外すことの出来ない曲種である。1990年頃、日本の好事家が1922~44年録音の小品ばかり48曲を4枚のLPに復刻した箱が発売されたが、それ以前にも日本コロムビア、東芝、そして多数のプライベート復刻盤が存在する。小品に関しては日本こそ最も力を注いだ国であった。しかしながらここに紹介するCOLHシリーズは1950年代後半には既に復刻、発売されたフランス初期盤で、曲数こそ限られるが、音質に関しては最も信頼に足るパテ社である。不足曲はプライベート・プレスに任せるとして、フランスで最初に発売された小品集COLH 96('27~'36年)をLPに最も近い音質でお楽しみいただければ幸いである。RIAAカーブ補正済。目立つキズは無い。

CDR130

CDR130ジャケット画像
CDR130レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。 CDR制作ポリシー もご一読ください。
ご注文は 当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR130
原盤LPのプレス地域・レーベル
フランス VSM
原盤LPのレコード番号
COLH 74
作品名
フランスVnソナタ集
演奏者
ジャック・ティボー(vn)アルフレッド・コルトー(pf)
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
灰ニッパー内溝F,棒付ボード,LP初出
曲目
  1. フランク:Vnソナタ
  2. フォーレ:Vnソナタ1番Op.13

魅惑のボウイング、ジャック・ティボー

ジャック・ティボー(1880-1953)フランス、ボルドー生まれ。とりわけ日本人に愛され、今も人気を保つ希代の芸術家である。その死はジネット・ヌヴーと同様、エール・フランスの飛行機事故であった。しかもそれは彼にとって3度目の来日途上だった。1953年9月1日、41名の乗員乗客全員と共に帰らぬ人となった。愛器1720年製ストラディヴァリウスと共に。そんなストーリーも我々がティボーに寄せる特別な思いの一因だろう。8歳でリサイタルを開き、13歳からパリ音楽院でマルタン・マルシックに学ぶ。1896年にパリ音楽院を首席で卒業。生活のためにパリのカフェで演奏していたところを指揮者エドゥアール・コロンヌの目にとまり、コロンヌ管弦楽団に招かれる。最初のレコード録音は1905年パリ。同年にはピアノのコルトー、チェロのカザルスとトリオ演奏を行い、このカザルス・トリオは以後30年あまり活動を続けることとなる。ティボーの録音は1916年頃から活発になり、ライヴ録音などを含めれば亡くなる年まで残されている。フランク/フォーレのVnソナタ集COLH 74は1929/32年の録音。1958年にパテでSP復刻され発売された。SPの雰囲気を残しつつ聴きやすい音質。そして絶品と評されたティボーのポルタメントが効果的に表れる2曲の名演である。RIAAカーブ補正済。目立つキズは無い。

CDR129

CDR129ジャケット画像
CDR129レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。 CDR制作ポリシー もご一読ください。
ご注文は 当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR129
原盤LPのプレス地域・レーベル
イギリス CAPITOL
原盤LPのレコード番号
CTL 7026
作品名
シベリウス:Vn協奏曲Op.47
演奏者
カミラ・ウィックス(vn)S.エールリング指揮ストックホルム放送so.
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
紫/金内溝F,折返紙,英オリジナル,’52年2月モノラル録音

北欧の華・ウィックス

圧倒的な知名度を持つ録音を1つ残しながらも、その後に消えてしまったヴァイオリニストがいる。カミラ・ウィックスその人である。1928年、米国ロングビーチ生まれ。ノルウェー人の父を持つ。10代からソリストとして活躍した。24歳の1952年2月18日、スウェーデン・ストックホルムで入れたシベリウスのヴァイオリン協奏曲が唯一の正規録音。'50年代後半以降は家庭に入り、録音活動から遠ざかる。なお、米国では1985年頃まで演奏活動があり、CDなどで聴くことが出来る。早世したヌヴーと同様、ウィックスもまた1枚だけの超有名録音を残した点で伝説化したようだ。この録音の当時87歳だったシベリウス本人からも、同曲の「最高の解釈者」と絶賛された。彼女は1946年にもカーネギーホールで同曲を演奏し、成功を収めている。熱い歌心と、余計な作為を感じさせないフレージング。技術的にも極めてスムースで、全体に流れる熱い想い。何より北欧の風景がイメージされる。人知を拒絶する大自然の厳しさと、営みを絶やさぬ人間の体温との両方が同時に表現されていると感じる。そして大量の録音を持つ大物ヴァイオリニストには出せない初々しさに聴き手は反応する。そのような演奏者の資質は、音に乗って確実に伝播するからだ。今回はDECCAプレスの英国盤を使用。RIAAカーブ補正済。目立つキズは無い。