CDR129

CDR129ジャケット画像
CDR129レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。 CDR制作ポリシー もご一読ください。
ご注文は 当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR129
原盤LPのプレス地域・レーベル
イギリス CAPITOL
原盤LPのレコード番号
CTL 7026
作品名
シベリウス:Vn協奏曲Op.47
演奏者
カミラ・ウィックス(vn)S.エールリング指揮ストックホルム放送so.
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
紫/金内溝F,折返紙,英オリジナル,’52年2月モノラル録音

北欧の華・ウィックス

圧倒的な知名度を持つ録音を1つ残しながらも、その後に消えてしまったヴァイオリニストがいる。カミラ・ウィックスその人である。1928年、米国ロングビーチ生まれ。ノルウェー人の父を持つ。10代からソリストとして活躍した。24歳の1952年2月18日、スウェーデン・ストックホルムで入れたシベリウスのヴァイオリン協奏曲が唯一の正規録音。'50年代後半以降は家庭に入り、録音活動から遠ざかる。なお、米国では1985年頃まで演奏活動があり、CDなどで聴くことが出来る。早世したヌヴーと同様、ウィックスもまた1枚だけの超有名録音を残した点で伝説化したようだ。この録音の当時87歳だったシベリウス本人からも、同曲の「最高の解釈者」と絶賛された。彼女は1946年にもカーネギーホールで同曲を演奏し、成功を収めている。熱い歌心と、余計な作為を感じさせないフレージング。技術的にも極めてスムースで、全体に流れる熱い想い。何より北欧の風景がイメージされる。人知を拒絶する大自然の厳しさと、営みを絶やさぬ人間の体温との両方が同時に表現されていると感じる。そして大量の録音を持つ大物ヴァイオリニストには出せない初々しさに聴き手は反応する。そのような演奏者の資質は、音に乗って確実に伝播するからだ。今回はDECCAプレスの英国盤を使用。RIAAカーブ補正済。目立つキズは無い。

CDR128

CDR128ジャケット画像
CDR128レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。 CDR制作ポリシー もご一読ください。
ご注文は 当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR128
原盤LPのプレス地域・レーベル
イギリス NIXA ※ジャケットはアメリカ WESTMINSTER
原盤LPのレコード番号
WLP 5315
作品名
モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジークK.525,音楽の冗談K.522
演奏者
ウィーン・コンツェルトハウスQt. J.ヘルマン(cb)
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
赤/金ツヤF,厚紙(米WESTMINSTER WL 5315),英オリジナル

往年のウィーンの響き

今回のCDR企画は、あるヴァイオリニストからの強い希望で実現した。「アイネ・クライネを弦楽四重奏で演奏したい、ついては最適の手本になるような音源はないだろうか」。同曲の録音は星の数ほどあるが、SQ版となると極めて少ないのが実情。その中から最初のLP録音と思われるウィーン・コンツェルトハウスQt.を取り上げることにした。この演奏こそが最もウィーン風であると考える。WESTMINSTERレーベルは1949年、米の資本で発足し、ウィーンの録音を世界に発信する目的で始まった。特に1950年代にモノラル録音されたLPは現在もファンが多い。このアイネ・クライネも1954年頃の録音。ご承知のとおり、ウィーンには2つの名オーケストラがあり、一方のウィーンpo.からバリリQt.が、そしてもう一方のウィーンso.から、このコンツェルトハウスQt.が生まれた。これら2つの代表的Qt.は曲を分け合って録音しており、このアイネ・クライネはコンツェルトハウスQt.が担当した。この演奏の圧倒的なエネルギー、そして濃厚なウィーン風味は、他の団体には真似できない職人技だろう。見本としては到達不可能な演奏とも思えるが、最高の理想的演奏を知ることも大切。同Qt.は1967年、リーダーのアントン・カンパーの引退で解散する。今回、外観はWESTMINSTERのジャケットを基にしつつ、音質を重視し英プレスのNIXA盤を使用した。米盤特有の強い軋みが抑えられている。RIAAカーブ補正済。目立つキズは無い。

CDR127

CDR127ジャケット画像
CDR127レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。 CDR制作ポリシー もご一読ください。
ご注文は 当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR127
原盤LPのプレス地域・レーベル
フランス DF
原盤LPのレコード番号
DF 97
作品名
モーツァルト:ピアノソナタ全集Vol.7
演奏者
L.クラウス(pf)
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
赤輪青地図内溝F,布張見開,オリジナル
曲目
  1. ソナタ1番K.279
  2. ソナタ2番K.280
  3. ロンドK.511
  4. ソナタ16番K.570

希代のモーツァルト弾き!

1956年、モーツァルト生誕200年記念にあわせて発売された、史上初のソナタ全集録音。ボスコフスキーとのVnソナタ全集やヒュープナー(Va)を加えたピアノ・トリオ全集と同じシリーズとなる。今回ピアノ・ソナタ全集で全シリーズが完結。1954~55年でLP7枚を録音。そのクオリティは史上初とは思えない完成度で、技師シャルランの技術と相まって未だにソナタ全集の金字塔であることは周知の事実である。リリー・クラウス(1903-1986)はハンガリー・ブダペスト出身のユダヤ系で、シュナーベル、バルトーク、コダーイに師事。シモン・ゴールドベルクと録音した数点のモーツァルト:VnソナタはSP期の名盤として人気が高い。1942年に出発したアジア・ツアーでジャワに滞在中、家族とともに日本軍に拘留され、そのまま第二次世界大戦終結まで軟禁された。その後は英国国籍を取得し、活発な演奏活動を行い「比類なきモーツァルト弾き」として評価された。親日家としてたびたび来日し、人間的魅力さえ聴衆に感じさせる。今回音質・状態の良いオリジナル盤を使用しての製作。アナログ盤のファンならばオリジナル盤の持つ力は熟知されていることだろう。音質が軽くなってしまった1960年代の再版より、このCD-Rの方がよりオリジナルの雰囲気を残している。自信を持ってお薦めしたい。イコライザーカーブ補正済。特筆すべきキズは無い。